ユーザー車検の予約には必須!!「車検予約システム」とその使い方とは!?

車検予約システムって難しそう。
なんだかよくわからない・・・

この記事ではユーザー車検では必須の「車検予約システム」の概要とその使い方について解説をしていきます。

ユーザー車検の予約がきっとできるようになります。ぜひ参考になさって下さい。

  • 本記事のテーマ

ユーザー車検の予約には必須!!「車検予約システム」とその使い方とは!?

  • この記事の信頼性

僕はこれまで乗り継いできた愛車をすべてユーザー車検で通してきて、ユーザー車検の経験がります。

  • 読者さんへの前置きメッセージ

この記事では「ユーザー車検を受けたいけど車検予約システムって何?」といった方々に向けて書いています。

「初めて車を買って初めてのユーザー車検を受けることにした。」

昔貧乏学生だった頃、バイト代でやっと買った車。

車検業者へもっていくとどうしても10万円はかかるとのこと。

手数料が痛い。

自分で車検をするいわゆる「ユーザー車検」をすることにしました。

しかし

「ユーザー車検には予約が必要なの!?」

「どうやってどこから予約するの!?」

「初めてだからよくわからない。」

こういった不安に襲われました。

知識があれば心配することは何もなく、ユーザー車検の予約をすることができます。

本題に入る前にユーザー車検ってなに!?

ユーザー車検とは

ユーザー車検というのは自動車の所有者自身が自ら行う車検です。

通常多くの人は車検はお店に頼みますが、自分でするというのがこのやり方です。

普通車でお店に依頼して受ける車検は10万円前後と高額な費用がかかりますが、ユーザー車検の場合は4万円代で済ませられる事が最大のメリットです。

しかし、多くの人は車の正しい検査というのはわからないと思います。

このユーザー車検には検査項目がありますので、それを順にやっていくことで検査をすることが出来ます。

ただし、何かしら問題がある場合は自分で直す、もしくは自分で整備工場に持ち込んで修理を依頼する必要がありますので 、手間がかかる方法でもあります。

ユーザー車検の大まかな流れ

車のメンテナンスを行う

車を車検に出す前に自分で簡単な事前チェックを行いましょう。

事前チェックを行う事によって、車検がスムーズに行なえるようにします。

やっておきたい事前チェック項目
  • ヘッドライト:ロー・ハイの点灯、切替えが出来るか確認(社外品は色も注意)
  • スモールランプ:点灯するか確認
  • バックギアランプ:バックギアを入れた際に点灯するか確認
  • ハザードランプ:点滅の確認(一か所玉切れになると点滅が早くなるので注意)
  • ストップランプ:ブレーキを踏んだ際に点灯するか確認
  • フォグランプ:点灯するか確認(ない車両は無しで大丈夫です)
  • タイヤ:約1.6mm以上タイヤ溝の確保、ひび割れが起きていないか確認
  • ガラス:ひび割れ、汚れがないか確認
  • 内装:発煙筒の有効期限、ホーンマーク、ヘッドレスト破損の確認
    (マニュアル車であればシフトパターンの表示も)
  • メーター:タコメーター、スピードメーター、各表示灯や警告灯が動作するか確認
  • ワイパー:ワイパーとウィンドウォッシャー噴射の動作を確認

必要書類を用意する

ユーザー車検を受ける際に必要な書類です。

自分で作成・記入しなければならない書類もありますので解説していきます。

【自動車検査証(車検証)】
車検証は、自動車が保安基準に適合していることを証明する書類です。
記載されており車検では必須となる書類です。
また、運転するときも常に積んでおかなければなりません。
【自賠責保険証明書】
自賠責保険は、車を購入した際に加入する強制保険です。
車検時には自賠責保険料を支払っているかの確認が行われます。
この保険料を支払っていることを証明するために自賠責保険証明書の提出が必須です。
【自動車税納税証明書】
自動車税を支払った際の証明書です。
自動車税納税証明書に収納済印が押された状態で提出しなければ、車検を受けることはできません。
自動車税は毎年5月に自動車税通知書と一緒に送られてくるので、期間内に必ず
支払いましょう。
【自動車重量税納付書】
自動車重量税を支払ったことを証明する書類です。
納付書は検査した日に運輸支局の窓口で用紙を受け取り、車検証を見ながら記入します。
加えて、自動車重量税の必要金額分印紙を購入し納付書に貼り付けなければなりません。
【定期点検整備記録簿】
法定点検(12カ月点検・24カ月点検)の実施内容が記載されている書類です。
消耗部品の交換などの整備状況を把握することができます。
ユーザー車検では定期点検整備記録簿を自分で作成しなければなりません。
【諸費用】
書類ではありませんが、これも必ず必要になります。
諸費用には、法定費用と車検基本料の2種類があります。
法定費用は重量税・自賠責保険料・印紙代で、必ず必要な費用です。
車検基本料は整備工場などの専門業者に依頼した場合にかかる費用です。
ユーザー車検を受ける場合は、この費用が抑えられる事になります。

ユーザー車検を予約する

普通車のユーザー車検を受ける際は、インターネット予約をする必要があります。

電話での予約はできませんので注意が必要です。

2週間前から予約が可能となっており、空きがあれば当日でも予約をすることができます。

詳しいインターネット予約の仕方は 

3.2 車検予約システムでユーザー車検のやり方

にて解説します。

予備車検場(テスター屋)を確認する

基本的に予備車検場(テスター屋)は予約不要です。

車検不適合で車検で不合格になった車を即座に直す場所だからです。

不安な場合は事前に場所を確認しておき、電話で確認してみましょう。

予備車検を受ける

ユーザー車検をスムーズにするための予備検査では、事前チェック項目でチェックした基本的な項目や、違反となる改造がされていないかなどをチェックされます。

予備検査は有料ですが、プロのチェックなしにユーザー車検を通すのは難しいため、予備検査を通しておいたほうがよいと思います。

【検査と価格】
単独検査 : 1項目辺り 1,000~3,500円
全体検査 : 3,000~6,000円

特定の項目に対してのみ検査を行う「単独検査」と主要箇所を一通り検査を行う「全体検査」があり、それぞれ値段が異なります。

一般的なユーザー車検の場合、「全体検査」で一通り検査を行ってから車検に臨むのが一般的です。

ユーザー車検に慣れてきたら怪しい項目だけ「単独検査」してもらって車検に臨むのもよいかもしれません。

ユーザー車検を受ける

予約した日に車検場に向かいます。

受付時間が各都道府県によって違うかもしれませんので、事前に調べておく事をおすすめします。

私の地域では以下の受付時間でした。(おおよそこれくらいだと思います。) 

(午前)8時45分~11時45分 (午後)13時00分~15時45分

検査コースに入ると係員の方が検査コースに誘導してくれます。

検査コースに入ると

「ヘッドライトのロービームを点けて下さい」「停止位置まで車を進めて下さい」

と言った感じで指示されるので、それに従って動作確認を行ったり車を進めたりします。

自分で操作する部分以外は、検査コースの設備や整備士が流れ作業で点検してくれます。

基本的に指示に従っていれば、10分くらいで検査が終わります。

検査コース出口で係員さんが検査シート等を渡してくれますので、その書類を運輸支局窓口へ持っていけば新たな車検証ステッカーが交付され、完了となります。

※交付されたステッカーはフロントガラスの所定位置の上部に貼りましょう。

「自動車検査インターネット予約システム」通称「車検予約システム」ってなに!?

インターネットを利用して、ユーザー車検の予約ができるシステム

自動車車検インターネット予約システム」、通称「車検予約システム」と言います。

これはインターネットを利用して、国土交通省が運営する「自動車検査インターネット予約システム」より全国の陸運支局で行う車検予約ができるシステムです。

一方、軽自動車場合は、軽自動車検査協会のサイトにある「軽自動車検査予約システム」から予約することができます。

また軽自動車の場合は、全国の各支所に直接電話をかけて予約をすることも可能です。

車検予約システムでユーザー車検予約のやり方

具体的な「予約システム」を使用した車検予約の解説をします。

1、「自動車検査インターネット予約システム」にアクセスする
まず予約システムのページにアクセスします。
自動車検査インターネット予約システムはこちら

アクセスすると以下のようなトップページが出てきます。

2、アカウントの登録

自動車検査インターネット予約システムのトップページにある「新規アカウント登録」をクリックします。



すると「一般利用者アカウント登録」のページに行くので、 必須項目を入力し「確認ボタン」を押します。



登録確認画面が出ます。



登録情報を確認して「同意して登録」を押します。

登録したメールアドレス宛に確認メールが届くので、メールを開き確認用URLをクリックします。




以下の画面になりIDが発行されていれば登録完了です。



忘れないように登録情報はメモしておきましょう。

3、ログインする

再びトップページへ移動し、メニューの「ログイン」をクリックします。



先ほど発行されたIDとパスワードを入力し「ログイン」をクリックします。



ログインできて一般利用者トップページに入れたらOKです。

4、予約内容選択
一般利用者トップページの「検査の予約」をクリックします。



予約内容を選択します。
※今回では普通車の継続検査を例としています。

5、予約時間選択

検査を行いたい日時をクリックします。
※今回は 日時:3/19  受付時間8:45~10:00 検査時間9:00~10:15 です。

6、予約情報入力

予約情報を入力します。
名前と電話番号は自動入力されますが、車台番号は手入力する必要があります。
※車台番号は車検証に記載されていますので確認して下さい。


遵守事項等を確認しチェックを入れて「次へ」をクリックします。




入力事項を確認し「予約」をクリックします。

7、予約完了

これで予約が完了しました。
予約番号は車検当日に必要なので、必ず控えて下さい。

予約の変更・取り消しについて

予約は変更・取り消しが可能です。
今回は取り消しについて解説します。


利用者トップページより「予約の確認・変更・削除」をクリックし、「確認・変更・取消」をクリックします。



取り消したい予約内容を確認の上、「予約の取消」をクリックします。

まとめ

今回はユーザー車検の流れ、主に「自動車検査インターネット予約システム」の使い方について解説しました。

やった事のない人にとって予約システムは取っつきにくい部分だと思います。

しかし実際やってみると案外簡単だという事がお分かりいただけると思います。

ユーザー車検は安く車検が受けられるのが最大のメリット ですので、少しでも安くあげたい人は是非チャレンジしてみてください。