車を買うときに知らないと損する!新車より未使用車がお得なワケ!

なるべく新しくて安くて誰も乗ってない車が欲しい人

「中古車で買った車を10年乗ってとうとう寿命。そろそろ乗り換えたい。そんなときに未使用車があることを知った。でも未使用車ってお得に買物できた人もいれば、そうでもない人もいるらしい。そもそも未使用車って良く分からないし損もしたくない!」といった疑問に答えます。

  • 本記事のテーマ

【5分ですべてが分かる】未使用車のメリット・デメリット

  • 記事の信頼性

記事を書いている私は、「新車」「中古車」「未使用車」の購入経験があります。

それぞれのメリット・デメリットを経験した上でこの記事を作成しています。

  • 読者さんへの前置きメッセージ

本記事では「未使用車を購入したことがない方」に向けて書いています。

それぞれの求めるモノ(お金、時間、手間)は違いますので、正しい情報を知った上で、自分好みの「あなたの1台」を探すお手伝いができると思います。

ぜひ参考にして下さい。

未使用車がお得な理由

そもそも未使用車って?

「未使用車」とは「登録はしてあるけど使用していない車」のことです。

登録上(書類上)は中古車ですが、未使用のため車自体は「ほぼ新車」です。

「未使用車」はディーラー(販売会社)が販売実績を増やすために自社名義で登録して中古車として販売しています。

この自社登録だけされてまだ買い手のいない車が「未使用車」となります。

新車を買うには予算が足りないが、中古はちょっと、、、という方には「新古車」がハマるかも知れません。

新車と比べて安い?

「未使用」は登録上は中古車の扱いになるため、車両本体価格が新車より安くなります。

新車よりも数十万円ほど総支払額を下げて手に入れることが可能です。

予算がギリギリな方にとってはこの数十万円は大きいですね。

さらに「未使用車」は重量税や自賠責保険が加入済みなので諸費用も安くて済みます。

新車より早く手に入る?

「未使用車」は新車に比べて納車期間が短く早く手に入ります。

新車は納車までに2週間~1ヶ月程の期間が必要になりますが、「未使用車」は3日~10日程で手に入れることができます。

新車は車両の組み立て、オプションの装備、登録手続き等に時間がかかります。

「未使用」は登録済であり、車両は倉庫にあるため新車に比べてとにかく早いです。

便利なオプション(ETCやカーナビなど)を既に搭載して販売している場合もあります。

「とにかく早く手に入れたい!」という人にはありがたいですね。

未使用車を手に入れる方法

いつ頃買うのがお得?

「未使用車」を決算明けの4月が狙い目です。

ディーラーとしては売上を計上して決算を向かえたいため3月中に手続きをします。

そのため車種や色、グレードのバージョンが揃っているのは決算明けの4月となります。

また、半期決算明けの10月も狙い目です。

急いでない方であれば車種や色がたくさんある時期を狙いたいですね。

どこで買う?

ディーラーは系列店や新古車専門店に卸すことが多いためディーラーに「未使用車」の在庫が残っている確率は低くなります。

中古車販売店は普通車を多く取り扱っており、新古車専門店は軽自動車を多く取り扱っています。

普通車と軽自動車どちらが欲しいかによって探すお店がかわってきますね。

購入までの流れは?

「未使用車」はあくまでも中古車扱いのため、中古車と同じ購入の流れになります。

予算を決める→車種を決める→店に問い合わせる→店舗へ訪問→見積もりを出す→契約に必要な書類の用意→契約→保険の加入、車両変更→購入費の振り込み→納車

の流れになります。

全体の流れが分かっているだけで心の持ちようが変わり、無駄にイライラすることもありません。

未使用車には注意すべきポイントも、、、

どんな保証がある?

扱いは中古車ですが、基本的にはディーラーの新車保証を継承することができます。

保証のことは難しくて苦手!という人も多いはずです。

購入前に担当スタッフに聞くリストに入れておいて下さい。

新車より高くなる場合もある?

本体価格は未使用車の方が安いがディーラーで交渉すると値引きを受けれることがあり、トータルで考えると安くなってない場合があります。

ディーラーで新車の見積もりを取って比較すると判断することができます。

安くしたいために「未使用車」の購入を考えているのに最終的に新車の方が安くなってしまっては本末転倒です。

諸経費の内訳って?

「未使用車」の諸経費には「法定費用」と「販売店が自由に設定する手数料」があります。

「販売店が自由に設定する手数料」は知らないと損してしまう可能性があります。

販売店が自由に設定する手数料の内訳
  • 納車費用(3~5万円)
  • 車庫証明費用(1~2万円)
  • 検査登録費用(3~5万円)
  • 希望ナンバー費用(1万円)
  • 大まかにいうと諸経費は車両価格の10%前後です。

    20%を超えた諸経費の請求された場合は高いと思って下さい。

    まとめ

    「未使用車」のお得な理由、手に入れ方、注意すべき点をまとめましたが、少しでも自分好みの「あなたの1台」を探すお手伝いができたら幸いです。

    車を買うことは大きなお金を払う数少ない機会なので、誰もが失敗しなくないし、誰もが納得して買いたいと思ってます。

    安心感、価格、ステータスなど人それぞれ求めるモノは違いますが、「未使用車」は未使用車の良いところがたくさんあります。

    私は「未使用車」を購入して満足していますし、買う時期、タイミングが合えば次回も「未使用車」を最初に探したいと考えています。

    シェアする

    • このエントリーをはてなブックマークに追加

    フォローする