事前に申告しないと無駄金!車検費用を高くする普通車の不必要な車検項目

普通車の車検費用についてお悩みの方「車検の費用ってもっと安くならないかなぁ?車についてあまり詳しくないから、安くするコツとかがあるなら教えてほしい」

こういった疑問にお答えします。

  • 記事のテーマ

【5分ですべて分かる】自分でメンテナンスすべき車検項目と、そうでない車検項目

  • 記事の信頼性

記事を書いている私は、32歳のごく普通の専業主婦です。

車について特に詳しいわけではない私のような人でもできる、車検費用を安くするコツを発見しました。

  • 読者さんへの前置きメッセージ

本記事は、「普通車の車検費用を安くしたい」と言う方に向けて書いています。

実は、車検項目の中には自分で簡単に検査できるものがいくつかあるんです。

そういった項目については、事前に申告しておかないとハッキリ言って無駄な出費になってしまいます!!

ですが、何でもかんでも自分でやればいいというわけではありません。

中には、プロに任せたほうがいい項目だってあるんです。

この記事を読むことで、「簡単に車検費用を安くする方法」と「自分ですべきメンテナンスとそうでないもの」が分かります。

それでは、さっそく見ていきましょう。

事前に申告しないと無駄金!不要なメンテナンス項目とは?

先ほども述べたように、車検項目の中には素人でも簡単にメンテナンスできる項目がいくつかあります。

何も知らずに、そのまま作業してもらうと、余計な「工賃」を取られてしまうんです。

こんなにカンタンだって最初から知ってたら、部品代だけで済んだのに…なんて事にならないよう、参考にしてくださいね。

ワイパーのゴム交換

ワイパーのゴムは、使っているとどうしても劣化していきます。

劣化したまま使い続けると、水はけが悪くなって視界が見えにくくなるんですね。

しかも運転に支障が出るだけでなく(これだけでもヤバいんですが)、劣化したゴムがフロントガラスを傷つけてしまう恐れがあるんです。

こうなるとかなり面倒。

当然素人には修理できませんし、なかなかキレイに直すのは難しいそうです。

もちろん、修理代もバカになりませんし。

なので、定期的にゴム交換をすべきなんですが、実はけっこう簡単にできるんですよ!

私の場合ですが、以前何も知らずに某カー用品店でゴム交換をやってもらったら、部品代にプラスして工賃300円取られました。

「工賃300円?ってことは、実はすごく簡単な作業なんじゃないの?」

ということで調べてみたら、まぁびっくりするほどカンタンでした(笑)

詳しいやり方は、下のサイトで分かりやすく解説されています。

ワイパーのゴム交換参照サイト

たった300円、されど300円です。

部品はホームセンターやカー用品店ですぐ手に入りますし、(1本1,000円前後)「コツさえつかめば、カンタンにできる」ので、ぜひやってみてください。

ウィンドウウォッシャー液の補充

これまた、カンタンにできます。

減ってきたら、補充すればいいだけですからね。

ウォッシャー液の補充参照サイト

ウィンドウォッシャー液を注ぐだけで工賃取られるんですよ!?もったいないと思いませんか?

Yahoo!知恵袋でも書かれていますが、みなさんウィンドウォッシャー液って自分で補充しているんですね。

やったことないよ…という方は、カンタンなのでぜひやってみてください。

ヘッドライトの交換

えっ!ヘッドライトの交換!?難しそう…

と思われたかもしれませんが、車に関してど素人の私でも交換できましたよ!!

ヘッドライトの交換参照サイト

ヘッドライトも自分で交換しているという方は多いようです。

Yahoo!知恵袋でも、依頼したら5,000円も取られた!という口コミもありました。

単に節約できるというだけでなく、愛車への愛着もわきますから、自分でやってみるのをオススメします。

自分でやるのは無駄!!プロに依頼すべきメンテンナンス項目

ここからは、今までとは逆に「自分でやる手間を考えたら、素直にプロにやってもらうほうが良い項目」について見ていきます。

ラジエーターの水漏れ修理

素人だと応急処置くらいしかできません。

この記事でも書かれていますが、プロですら水漏れを完全に防ぐのは難しいとされています。

ここはプロに依頼する方がよさそうです。

ただ、どこに頼むか?によって、金額が大きく変わるので注意。

一般的にディーラーに依頼すると、どうしても値段が高い傾向にあります。

安くするコツとしては、ディーラー以外の整備工場で「純正品を使わない」よう申告することです。

Yahoo!知恵袋でも「ラジエーターの修理に7~8万円かかった」という口コミがありました。

依頼する業者選びは大切です。

エンジンオイルの交換

ずばり、ヤケドの危険があるのでやめておきましょう。

エンジンオイルを吸い出すためには、いったんエンジンをかけて温めないといけないといけないんです。

熱いエンジンオイル…どう考えてもキケンです。

他にも、エンジンオイルの交換は手間だらけです。

エンジンオイルの交換が無駄!なワケ
  • 耐油手袋必須
  • 車種によっては、ジャッキアップが必要
  • 抜き取った古い油の処理が面倒

これだけ手間暇かけて(しかも工具などの準備も要ります)自分でやるなら、業者に依頼した方が絶対オトクです。

時間も短いし、数千円程度でやってくれます。

中には、自分で交換することを勧めているサイトもありますが、車いじりが趣味という方以外はプロに依頼する方が早くて確実です。

オイル交換だけはやめといた方がいいです。
なにも工具持たない人はガソリンスタンドとかで交換してもらう方が正解。
ジャッキ自体、3トンで大きいジャッキで5000円くらいからありますが、オイル処理するのにオイルパック買ってジャッキで上げて下潜ってやったら油まみれになりますよ?

※Yahoo!知恵袋(https://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q13212161148?__ysp=44Ko44Oz44K444Oz44Kq44Kk44Or44CA5Lqk5o%2Bb44CA6Ieq5YiG)より引用

マフラーの交換

確かに、自分でやれれば工賃が浮いて安く済ませることはできます。

でもかなり手間がかかるし、工具も必要なので、車いじりが好きでないと大変です。

マフラー交換の手順参照サイト

参照サイトを見ると分かるかと思いますが、手順も多く工具がたくさん必要なのでしんどいな…という印象ですね。

ちなみに、Yahoo!知恵袋で「マフラー交換に必要なものは何か?」という質問に対するベストアンサーがこれ↓です。

1.ガスケットはマフラーに付属品で大丈夫でしょう 2.マフラーのボルトは殆どM10サイズのボルト・ナットなので 12mm×14mmのメガネレンチ・3/8(9・5mm)12mm~14mmソケットのコマ+ラチェットレンチ+スピンナーハンドルで大丈夫でしょう 3.ボルト・ナットには浸透潤滑を吹き付けて暫く置くのが良いでしょう(お勧めは ちょいと高価ですがWAKO’Sラスペネ)マフラーブッシュにはシリコンスプレーが良いですね 4.ジャッキアップ後 4ヶ所ウマを掛けたら 車体の下に潜る前に ウマの地面側に接地している足(3ヶ所)をハンマーで軽く叩いてきちんと接地状態を確認してから潜る事(安全第一です) 4.マフラー関係に錆びるからと言う理由でステンレスボルト・ナットを使うのは厳禁!です 2度と緩められなくなる事態になることがあります 後はスチールボルトのネジ山に 耐熱グリース(スレッドコンパウンド)を塗布してから締め付けるのが良いでしょう

※Yahoo!知恵袋(https://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q10193560215?__ysp=44Oe44OV44Op44O85Lqk5o%2Bb)より引用

…この文章、意味が分かりますか?

車に詳しい方なら「なるほどね」となるかもしれませんが、私は2行目くらいで「もう無理!」って感じでした(笑)

マフラー交換もプロに任せるべきでしょう。

まとめ

私のように車に詳しくない素人でも、ほんの少しの手間をかけるだけで、かなりの節約ができるんです。

何だか難しそう…と怖がる必要はありません。

自分でできる項目については、参照サイトも掲載しているのでぜひやってみてください!