【5分でわかる】新型RAV4がもっと安く買える!?新車を簡単に値引きする方法とは?

新車(RAV4)を安く購入したい人「安く新車(RAV4)を購入したい」「ディーラーとの交渉のやり方が分からない」「駆け引きとかしないで楽に値引きする方法が知りたい」


その悩み、解決します。

  • 本記事のテーマ

【5分でわかる】新車(RAV4)を簡単に値引きする方法について

  • 記事の信頼性

私はSUVが好きで、今回トヨタ新型RAV4を気に入ったので購入することを決意。

雑誌などで値引き額が●●万円可能!という記事を見て自分にも可能なのではと思いディーラーへ行った所、実際は何をどうして良いのかわからず・・

同じくRAV4を購入した友人から値引き方法を聞き試したところ、何と40万も値引くことができました!

  • 読者さんへのメッセージ

新車を安く購入したいけど、値引き交渉が苦手、もしくは値引き方法が分からないという方は多いと思います。

特に値引き交渉と聞くと、コミュニケーション能力が求められそうで苦手・・という方にも今回は誰でも簡単に値引きできる方法を紹介します。

新車購入時に役立て、浮いた予算でオプションなども検討にお役立てください。

難易度★値引きの王道はトヨタ同士の競合!

値引き交渉で1番効果を期待できる方法は、販売店同士で競合させることです。

RAV4の場合、メーカーはトヨタ、取扱店はカローラ店とネッツトヨタ店の2店舗になります。

※東京では全ての販売店でRAV4を取り扱っています。

双方からディーラー値引き額を聞きましょう。

高い販売店に行き、「●●店の方」が安いと言い、交渉スタートです。

大抵は初回5万円の値引きと言ってきた場合、8万円まで下げます!といった形で値引き額が増えていきます。

そこで即決はしないでください。

最後の揺さぶりとして、「●●店の方が値引きが大きいので、そちらで即決します」という感じで最後の交渉を試みましょう。

8万円の値引きが13万円にアップする可能性があります。

これは値引き交渉の王道といわれ、販売店同士で競わせ、値引き額をアップさせるやり方です。

近くにトヨタの販売店が複数ある場合はそれほど、手間なくできると思います。

近くに販売店がない場合でも、競合させることで、最終的に付属品込みで●●万円値引だった!という事もあるので、1時間圏内で回れるのであれば、実践した方がお得に購入できます。

難易度★★車本体の値引き額には限界がある!?知っておきたい更に値引き方法

上記販売店同士の競合での値引きには限界があり、一定額以上は値引きできないようになっています。

しかし、中には値引き相場よりも20万円以上も安く新車を購入している人がいます。

一体どうやっているのでしょう?

もちろん怪しい交渉や犯罪的なものでは一切ないなのでご安心をw

答えは値引きの代わりに下取り額をアップさせることです。

ディーラーの下取りなんてどこでも一緒でしょ?と思ったあなた、私と一緒で損をするかもしれませんよ!?

やり方は簡単、一括査定を利用して自分の愛車を最高額で査定してもらい、その査定額をディーラーに見せるだけ!

めっちゃ簡単ですね♪

気にするのは一括査定を申し込む手間といったところです。

しかし、この方法で下取り額が一気に10万円以上もアップ!なんてことも実際にありますので、試す価値はあります。

ディーラーに査定額を提示するだけなので面倒な交渉は要らない!というメリットもあり、知らないと損をする情報です。

難易度★-★★その他覚えておきたい値引き術

販売店同士の競合、限界突破値引き方法で即決できるほど値引きできるかと思いますが、上記方法をフルに活かすためにも下記事項を意識しましょう。

上記2つの方法の補足といったところです。

購入する時期で値引き額に差が出る!?

1年の中でも特に車が値引きされやすい時期があります。

販売店の中間決算時期にあたる8月から9月年度末決算時期の2月から3月は値引き率が高くなります。

販売店独自のセール開催時期にもセールを利用することで値引きはもちろん、色々ば特典が付くのでセール時期に交渉するのもひつつです。

決算やセール時期というのは販売店が車を売りたたいという時期なので値引きにも対応しやすい時期と考えられます。

上記以外にも1カ月単位でノルマを設定している販売店も多く、月初めよりも月末の方が値引きされやすいといわれています。

決めセリフ「即決を考えている」は必殺技

即決」「今日決めます」はディーラーに対して効果的な一言です。

購入するかどうか分からない顧客よりもあきらかに買ってくれそうな顧客の方が真摯に値引き対応に応じてくれます。

しかし、身を削る思いで値引きしたのに結局買ってくれなかった・・というお客さんもいるため、明らかに購入しないなと思われた場合は値引き対応をしてくれない場合もあります。

即決は難しいですが、素早く決めるように話を進めることが大事です。

最後のひとおしをソフトに

ディーラーサイドも限界まで値引き対応をしてくれこちらも満足かと思いますが、最後のもうひとおしとしての値引き、オプションサービスの交渉をしましょう。

最後のひとおしという感じなので、例えば端数分の値引きや少額のディーラーオプションといったイメージです。

ここにきて更に高額の値引きやナビといった高額のオプションは断られて終わりなので、金額にすると3万円くらいを目安に「最後のひとおし」交渉をしてみましょう。

まとめ

引用元:TOYOTA

まとめです。

●販売店同士での競合

カローラ店とネッツ店で競合させます。

高い方の店舗で「●●店の方が値引きが大きいからあちら購入する」と伝えると更に値引きが期待できます。

●値引き額には限界がある

ディーラーによる値引きには限界があるため、下取り額をアップさせます。

やり方は簡単、一括査定を利用してディーラーへ提示するだけ♪

簡単に下取り額をアップさせることができます。

●その他交渉術

購入時期は決算期や月末だとディーラーも割引しやすく、セールやキャンペーンなども利用することで更に値引きが期待できます。

「即決」または「今日購入する」というような購入意欲をディーラーに見せることで、値引きされやすくなります。

最後のひとおしとして、端数分の値下げや少額のオプションサービスを交渉しましょう。

最後にディーラーも人間です。

「この人なら値引きしてあげたい」と思われるような対応をしてお互いが気持ち良く購入、売却できるように話をしましょう。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする