ラビットで車を高額買取してもらう際に必要な3つのテクニックとは!?

ラビットで車を売りたいけど、できるだけ高額で買取してもらいたい人「今乗っている車も10年目か。そういえば、この前、ラビットに車の買取査定を依頼したけど、本当にこの値段が一番高い買取価格なのか心配だ、、、」

こういった疑問に答えます。

  • 本記事のテーマ

【5分ですべてがわかる】ラビットで高価買取を勝ち取る3つの方法

  • 記事の信頼性

記事を書いている私は、4人家族の父で最近子供が一人増えたので、ワンサイズ大きめの車が必要になり買い替えを検討していた者です。

  • 読者さんへの前置きメッセージ

本記事では「ラビットで高額査定を勝ち取り、損をしたくない」という方に向けて書いています。

しかし、一口に高額査定といっても買取と下取の違いや、相見積もりなどの一般には馴染みのないフレーズもあり、混乱することもあるのではと思います。

その辺りの情報を知らずにディーラーの言われた価格を信じた結果、明らかに安い価格で車を売ってしまうことになるかもしれません。

この記事を読むことで、「どのようにして高額査定を勝ち取るか」のイメージができるようになると思います。必須知識をお伝えするので、是非参考にしてください。

それでは、さっそく見てきましょう。

ラビットでの売却、後悔した3つ話

4人家族の父で、最近子供が一人増えたことに喜びを感じていました。

しかし、喜びと同時に今の車だと5人家族ではきついな、、、と感じ、現在の車を下取りに出して新車を購入しようと決意。

というわけで、早速家の近くにあるラビットに現在の愛車を持っていき話を聞いてきました。

しかし、この後の悲劇は全く想像出来ないものでした。

買取店の言い値で売ってしまった

買取について無知だった私は、ラビットの店員の言われるがままの値段で話を進めました。

なぜなら、店員は買取のプロであり、言われたことは全て正しいと思っていたからです。

しかし、そこに落とし穴がありました。

店員は相場の金額を全て把握しており、それを承知の上で安い金額で掲示していたのです。(民間企業なので利益追求と思えば、当然ですが、、、)

下記リンク先では、実際にラビットにて買取を依頼した際に遭遇したトラブルについて記載されています。
ラビット車の評判と口コミ。出張査定でトラブル

店員から高圧的に態度を取られたり、即決を迫られたケースもあるそうです。

ここで重要なのは、店員の言い値を素直に信じず、価格交渉をするのは当たり前という意識を持つことだったのです。

相見積もりすれば良かった

ラビットに愛車を持っていった当時は、相見積もりという言葉を知りませんでした。

相見積もりは、複数の業者に売却時の金額がいくらになるのかを確認する方法です。

相見積もりについての、解説記事↓
車の査定は相見積もりをとって高く売却。マナーと断り方

当然のことながら、他社は自分のお客を獲得しようと他の買取店より高く見積もりを掲示してきます。

つまり、1社のみで買取店を決めてしまうのは、損をする可能性が極めて高いことを意味するのです。

相見積もりを利用して、高く買取してもらった事例

下取りと買取の違いを知らなかった

「車を買取してもらう方法なんてどれもおなじでしょ?」

これは、当時の私です。

当時新車の購入も検討していたので、購入の際に一緒に前の車を買い取ってくれる下取りは、手続きも楽だし、単体で売ることと変わらないでしょ!と思っていました。

しかし、実は下取りではなく買取店で売却したほうが、一般的には高く売れるのです。

このことを知っていれば、買取店も回ったのに、、、

ラビットで売却する際の3つのテクニック

ここまで、車の買取で失敗した経験談を話してきました。

私自身は店員の言われるままに売却してしまい、損をしてしまいました。

そこで、次回以降は失敗しないぞ!と調べた結果、高額買取を実現するための3つのテクニックを発見しました。

順に解説していきます。

下取りと買い取りの違いを理解する

「下取りも買取も車を売ることに変わりはないでしょ?」

実は両者は明確に違います!

結論としては、下取りの場合、安い金額で買い叩かれる可能性が高いです。

下取りは新たに購入される金額とセットで額を表示されます。

つまり、下取り自体の金額は他の項目と埋もれてしまい、金額をごまかされやすいのです。

「下取り」VS「買取り」お得なのはどっち?

買取の場合、下取りと違って基準額が細かいため、結果的に高い金額で売却できる可能性が高まります。

確かに手間の点では、下取りのほうが楽です。

しかし、少しの手間で高額買取が実現できるのであれば、そちらを検討すべきではないでしょうか。

複数業者に相見積もりをする

買取業者も営利企業です。

つまり、なんとかして顧客を捕まえようと他社よりも高い金額を掲示してこようとします。

これは裏を返せば、複数業者に見積もりを取ってお互いに競い合わせれば、高額買取を実現できるチャンスでもあります。

Yahoo知恵袋の回答によると、複数店舗に回った結果、買取額が店舗によって違う事例があるそうです。↓
車の売却について。

ディーラーのみを信用しない

「ディーラーは買取のプロなんだから、言っていることは全て正しいでしょ?」

繰り返しになりますが、買取業者は営利企業です。

つまり、他の企業と比較しない顧客は、ディーラーからしたら、格好のカモになってしまいます。

私自身も、ディーラーの言ってることが真実と思い込んでいましたが、実際は他の店舗と比較してみると、いかに低い金額で見積もられているかを痛感しました。

結論としては、面倒と思わずに複数店舗を回りましょう。

1社のみで価格を判断してしまうのは、損をする可能性が非常に高いです。

車売却はディーラーで問題ない?メリットや注意点は?

まとめ

振り返ってみると、上記のような考え方が当時の私にあれば、もっと良い金額で買取してもらえて、なんならもっと良いグレードの新車が買えたのに、、、と後悔の念が強いです。

最後に高額買取を実現するためのポイントを3つ下記にまとめました。

高額買取の3つのポイント
  • 下取りと買取の違いを理解しよう
  • 相見積もりは面倒くさがらずに行おう
  • ディーラーにいわれたことを鵜呑みにしない

これらを実践していただき、是非ご自身の車の高額買取を実現しましょう!