「メルカリで車を高く売ろう!」相場を読んで損しない私のコツ教えます!

車の専門家でもなければ、車関連の仕事についているわけでもない。

また、車の知識が人より優れているわけでもない。

そんな方でも車の相場の知識さえつかめば、自分の設定で高く売ることができます。

愛車を高く売ることができたらうれしいですよね!

  • 本記事のテーマ

「メルカリで売ろう!」手軽にもっと高く!相場を読むコツ

  • 記事の信頼性

私は、メルカリで何度も車を売却したことがあります。

その経験をもとに、この記事を書いています^^

  • 読者さんへの前置きメッセージ

あの時、少しでもきちんと売り方を理解し、相場を読んで出品していれば・・・。

そんな失敗談から学んだことをお伝えていきたいと思います。

下取りと買い取りの違いについて

まず、知っていただきたいのは「買い取り」・「下取り」どちらも良く聞くけど、どんなメリットデメリットがあるのか。

車を買い取るお店にも買い取りたい車種や、査定基準には違いがあるのです。

それらをきちんと理解し、愛着のある車が上手にうれたら嬉しいですね!

下取りとは?

「下取り」は車の購入とセットになっているけど「買取り」は売却のみであることでしょう。

下取りは、簡単で手間もかかりません

下取りでは、売却する愛車と新しい愛車を引き替えできるのが普通。

車が毎日必要な人にはとても有り難いですよね。

なにより、売却と購入のタイミングを調整する必要がありません

また、車の書類を揃えたり、手続きだったりの面倒なことが多いですが、下取りならその面倒を最低限にすることができます

逆に「下取り」のデメリットは、「買取り」より査定額が低くなりやすいことです。

購入とセットなので、他店との査定額競争は特になく、査定額に色をつけてくれるのは難しいでしょう。

下取りのまとめ
  • 手間がかからない
  • 売却と購入のタイミングを一緒にできる
  • 買取より価格が低くなりやすい
  • 買取りとは??

    少しでも高く売りたいと思っているなら、「買取り」のほうが有利です。

    「買取り」のほうが査定金額が高くなる傾向がありがあるからです。

    業者間で競争意識が働いて高額査定となる可能性が高くなるのです。

    売れる中古車をどれだけ揃えられるかが勝負である買取店はメーカーや年式、走行距離に関係なく、最大限の査定をするのが本分です。

    また、複数の買取り専門店で査定してもらい、競合させることで驚くほどの高額査定も可能となります。

    ただ、「買取り」のデメリットは、やはり手間がかかること。

    いくつかの車買取業者に査定してもらい、交渉して高額査定を引き出すには、それなりの手間がかかります。

    新しい車の納車寸前に買取りに出すと、査定額が確定する前に新しい愛車を購入することになるので、資金計画を立てにくくなります

    買取りのまとめ
  • 業者間の競争意識により査定金額が高くなる傾向
  • 書類、業者へ出す手間がかかる
  • 下取りと違いタイミングや資金計画を立てににくい
  • 「買取り」と「下取り」の金額、こんなに違うの??

    「下取り」よりも「買取り」のほうが平均16万円以上高く売れるというデータ口コミも出ています。

    平均16万円も違うなら、少しの手間があっても買取りで車を売りたいと思った方も少なからずいるのではないでしょうか。

    さあ、みなさんは、愛車をどちらで売ろうと思いましたか?

    だったら「買取り」にしたい!と思った方に、さらに私からのおすすめしたいことがあります。

    それは、メルカリで車を売ることです!

    引用元:Yahoo!Japan知恵袋

    車の売却・価格設定

    メルカリについて

    メルカリはネット販売のサイトの一つですが、今回はメルカリに絞って考えていきましょう。

    メルカリで車を売るメリット
  • 複数の買取業者へ登録・交渉する手間が省ける
  • 業者へ出す書類の手間とさほど変わらない
  • 自分でやり取りや確認をしているのでタイミングや資金計画を立てやすい
  • 自分で出品するので仲介手数料などを引かれない
  • 売る価格を自分で設定できる
  • しかし、高く売るためにはやみくもに出品しても高くは売れないですし、買い取り手さえ出てこないということもあります。

    そんなことのないよう、きちんと車の相場のことも学んで少しでも利益を高く出しましょう。

    車の価格を適当につけてしまった・・あの時

    私が当時乗っていた車を手放すことを決意し、売却した時の話です。

    車の相場や売るための知識も少なかった為、こんなものだろうと適当に価格をつけ、自分でフリマサイトへ愛車を出品しました。

    大切にして乗ってきた愛着のある車です。

    すぐに買い取り手がついて大喜び!!!

    しかし、実は、愛車を 相場価格の2割程度の価格で出品していたのです。

    相場より格安であったので、すぐに買い取り手がつくのは当たり前ですよね。

    もし、相場を知っていたら・・・。

    車の相場の正しい知識

    中古車業界の知人や友人に相場を聞く

    知人や友人に中古車業界の人がいたら、こんなに有り難いことはありません。

    高い精度で自分の車の相場を知ることができます。

    買取り前にきちんとしたプロ目線での買取り相場を知ることは重要です。

    なぜなら、買取における<相場を知る>ことで、安く買い叩かれることがなくなるからです。

    相場観がない人に対しては、相場よりも遥かに安い査定額を提示して、あたかもこれが限界だと思わせて買取られてしまうこともあります。

    愛車の車の買取相場を知るという事は、いかに大切かがわかりますね!

    1点、注意点としては、正確な価格を知りたいと伝えましょう。

    引用元:あなたの車の買取相場を調べる方法

    ネットでサイト検索

    もっとも買取相場を左右するポイントが車種の人気度です。

    ネットであれば、タイムリーにメーカーや年式、モデル、走行距離を入力すれば値段を出してくれるサイトもあります。

    現在、この車種を欲しい人がどれくらいいるかということが、もっとも買取相場を左右するポイントがになります。

    欲しい人が多ければ、高値を提示することができ、早く売ることもできます。

    メルカリで実際にリサーチ

    出品する前に、車がメルカリ内で他の方がどれくらいで売っているか分かります。

    そこから同じような車種の価格状態を見れば、自分の売ろうとしている車の相場もなんとなく見えてくるのではないでしょうか。

    実際、販売店へ出向いて市場調査

    販売店へ出向く大きなメリットは、実際の市場の価格とともに、車の状態も確認できます。

    また、直接、店の方にも質問をできるところです。

    しかし、実際自分が売ろうとしている同じ車種があるかどうかは、店に出向いてみないとわからないのです。

    雑誌や専門紙で調べてみる

    専門紙は、知りたい情報が図式化されてとても読みやすくできています。

    定期的に出版されるものであれば、比較的タイムリーな価格で見ることができます。

    少しでも高く売るためにできること

    最低価格を知ろう!

    車は、もちろん年式は新しいもののほうが評価が高く、走行距離は少ないほど価格も高く設定できる傾向があります。

    使用状況や、保管環境などにも影響されることもあるので注意です。

    最低価格を知ることは、損しないことに繋がる重要な判断要素となります。

    最高価格を知ろう!

    実は外装の傷は簡単に直せるので、傷の有無自体はそれほど査定額に影響しません。

    ただ、査定額に影響するのは、フレームレベルまで損傷してしまった事故歴がある場合や、内装のひどい汚れや破れ、またペットやタバコなどの匂いはマイナス評価になる場合がほとんどです。

    値下げ交渉もあるかもしれない状況で、基準となる最高価格を知っておけば、値下げ率も損しないよう算出することができますね。

    アフターサービスでお得感を出す

    アフターサービスといっても個人でそんなサービスをするのは、なかなか難しいですよね。

    しかし、中古車トラブルは何かと多いものです。

    問い合わせがあった場合はきちんと真摯に対応することが大切です。

    結論からいうと中古車の返品はできないケースが多いようです。

    これは、中古車に関してはさまざまなトラブルなどの相談窓口にもなっている消費者センターが請け負うクーリングオフの対象外になっているためです。

    ただし、これはあくまでも原則の話であり、裁判などでよく引き合いに出される条文である消費者契約法では、中古車を販売した業者側に「不実告知」と「不告知」があった場合にのみ返品や契約解除ができると定められています。

    そういったことのないように、問題のある場合は最初にきちんと告知することが第一条件です。

    オプションでお得感を出す

    こちらもまた、個人の販売では更に何か備品をつけて売るということは、専門店に比べて難しいものです。

    車を購入した際のオプションの内容によって大きく査定額が変わってきます。

    付いているオプション品は基本的にはプラス査定となるのですが、プラスが大きいのは「メーカーオプション」と呼ばれる、サンルーフや革シートなどの後からつけることができないオプションです。

    次にプラスとなるのがディーラーオプションと呼ばれる、販売店で装着するオプションです。カーナビやアルミホイールなどが該当します。

    モデルによって大きく評価が変わってくるのが一般のお店でつけることができる「社外品」のオプションで、次に購入する人が欲しいと思うようなものであればプラス要素、いらないと思うものであればマイナス要素となります。

    ただし、元々ついていた純正パーツがあればマイナスにされることは無いので、車のカスタムをする際には純正パーツは保管しておくことをお勧めします。

    また購入時に選択するボディカラーも査定額に影響します。

    人気の色は白と黒で、パールやメタリック塗装が好まれる傾向にあります。

    それ以外の色でも、例えばフェラーリだと「赤」のような、その車種のイメージカラーだと査定額が高くなることがあります。

    まとめ

    なぜ、「下取り」ではなく、手間のかかる「買取り」を選ぶのか。

    なぜ、メルカリで出品するのか。

    今回の記事でわかって頂けたのではないかと思います。

    そして、売ろうとしている車の相場を知ることは、とても大切です。

    車の買取相場やオークション相場の情報は非常に価値の高いもの

    うまく情報を仕入れて少しでも上手に車を売りましょう。

    愛用した車が、自分の希望価格で売れたら、もっと大きな喜びを得られるのではないでしょうか。

    是非、みなさんにも、そんな喜びを味わっていただきたいと思います。^^