知らないと損する!!安い車検の実体験からわかったことからの注意点

これから車検をうけようとしている方、こんなことを考えていませんか?

  • 安い車検はちゃんと整備してくれるんだろうか? 
  • 格安車検をしたあとで、さらに出費がかさむのではないか?
  • 今回は別のところでやってみようか?   

こういった疑問にお答えします。

  • 本記事のテーマ

車検間近なある日、格安車検の看板が! 「格安車検」ってどんな感じなのか?そう疑問に思ったので体験談もまじえて注意点を紹介します。

  • 記事の信頼性

私は、車が好きで今まで20台以上はのりついできています。もちろん車検も何度も受けてきました。

ただ、今月は冷蔵庫が壊れてしまって、その出費に頭が痛いところにきて、車検時期。

さてどうしようか?と考えていたところに「格安車検」の看板が!目に入り、とりあえず話だけでも聞いてみるかと軽い気持ちで入店してみました。

「安くする」と言われたので、そのまま車検をお願いしてみました。

        

格安車検ってどうなのか!?

格安車検ってどういうものなのか?

今まではあまり、私の中で愛車を「安い」ところでという考えがありませんでした。

お金を出せばきっちりやってもらえる=安心と思っていたのと、プライド?あとは選ぶのもメンドウと思ってきました。

ただ今回は、そんなこと言っていられません。

格安で車検が利用できるのは、車検業者の「安い」を売るため各社が競い合って実現している

ということは、業者の選び方で車検を安くすることができます。

車検費用は、どんなものか?「法定費用」「車検基本料」または「基本料金」が含まれ請求されます。

「法定費用」は、全国一律料金が決められていて、それ以外は、業者によって料金が設定されていると言われています。

「車検基本料」や「基本料」の中には検査の手数料や整備料などが含まれています。

安くできるとしたら、業者が決めている料金の部分。業者を選ぶところがかなり大事なのがわかりました。

車検サービスが受けられるお店は

  • メーカー系ディーラー
  • 車検専門店
  • 中古車販売店
  • カー用品店
  • ユーザー車検代行
  • ユーザー車検
  • ガソリンスタンド
  • 整備工場
  • 陸運局 などなど

格安車検の注意点

各社が競って安くしているということは、 点検内容に格差が出てくることになります

メリット・デメリット

車検を行える業者は様々ありますが、やはり金額面ではディーラー車検が一番高いです。

ただ自社の車に限って 、全てに対して品質高くやってもらえます

また魅力は、車検後の不具合にも無料でいつでも対応してくれるところかなと。。。

ただあくまでも自社の車という点 とディーラーも地元の下請け契約してる民間整備工場へ出すこともあるという点が気にかかりました

一番安いと言われるユーザー車検

陸運支局に自分で持ち込み、検査を受けるもので、かなりクルマに詳しい人にだけオススメです

その他の安い車検

費用面で安いことを考えるといくつかありますが、色々あると感じます。

「安い」と言われていますが、 安い車検は、手を抜かれるのではないか?やはり不安があります。

ちゃんとやってもらえるところ、時間も含めてを考えた時に欲を言えば、整備工場でベテランの整備士がいて電気系統にも精通している。

そんなとこあるのでしょうか?

安くてちゃんとやってくれる部分は、やっぱりゆずれないです

かといってユーザー車検は「安い」と言われてるけれど、今までしたことないからめんどくさそうだし、そこまで車に詳しくないです。

だから、素人には交換しなくても良い部品を交換したり、修理して欲しい部分が直ってなかったり、間違った整備や料金が不明瞭で、説明があいまいな、ようはわからないだろうとする店舗があるのだと書いてありました。

日本国内で自動車の整備工場 3種類

  • ガソリンスタンドなどの簡易作業を行う整備工場 ( 分解作業ができないため、実質車検は行えないため車を陸運支局に持ち込むため、時間がかかる場合と、土日祝は検査場が休みのため検査が受けられません )
  • 黄色い看板が掲げられていて、「○○運輸局長認証」と書いてある認証工場 (多少時間がかかります)
  • 青い看板に“○○運輸局長指定”と書いてある指定工場 (時間が短縮でき、休日や夜間などでも車検を実施することができます。)

格安車検の良いところ

一番の節約は何か?といわれた時に、多くの人がこう思うと想像します。

「車を持たないのが一番の節約」だと。

私もそう感じます。

でも長く車を所持していくと、かなりの維持費がかかるのですが、一体どれぐらいかかるのか?

車を所有するにあ たっての維持費

  • 車両購入費用
  • ローン金利(ローン購入の場合)
  • 自動車税(年1回)
  • 重量税(車検ごと)
  • 自賠責保険(概ね車検ごと)
  • 自動車任意保険(契約により月払い、年払いなど)
  • 点検費用(法定点検年1回、法定費用+整備費)
  • 車検費用(隔年、新車時のみ3年。法定費用+整備費)
  • 駐車場代(賃借の場合、毎月)
  • 燃料代(ガソリン、軽油)
  • その他整備費
  • 消耗品費用(タイヤなど)

車を所有するにあたってはこれらがかかると、とあるサイトに書かれていました。

途中で目をそらしたくなりました。

これが現実。

家計にとっては、かなりの痛手になります。

も、愛車を手放すのは嫌ですし、そうすると確実に「お金をかけずに車検を終わらせないと」そこに行きつきます

格安車検の体験談

実は以前に、一度だけ格安の車検をお願いしたことがあります。

そのときは、車検は確かに格安だったものの、シャフトブーツの修理がいい加減で、グリスが漏れて車軸が焼け付いた状態で、安かろう悪かろうでした。

不安はありますが、今回は家計のピンチ。

きちんと業者を見分けていけば、なんとかなるのでは?と思うのです

体験談はこちら←

おススメの格安車検業者

安いところを探す手間なく、利用できるフランチャイルズの車検

テレビCMなんかで有名な車検業者はどうなのでしょうか?金額もサービス内容も分かりやすい。

なにより、初心者にもやさしい感じがします。

ただ注意点があります。

最低限にサービスを抑えることで、フランチャイズは低料金が実現していること、充実した整備内容を求めたい人には向かないこと、自身での持ち込みと持ち帰りが基本ということ、引き取りや自宅納車は、別料金にしているところもあるとのことです

そうすると、全国展開しているフランチャイルズって色々あるけど、どこもそうなんでしょうか?

コバック車検はどうでしょうか?

ホームページはわかりやすく金額などものせられているが、こちらはフランチャイルズチェーンを全国展開しています。

コバックは出来るだけ安くと言えば、どのようになるのでしょうか?

  • その場限りで基準が見たされていれば、極力部品交換もしないような車検が可能 。
  • 点検料がディーラーに比べ2万円ぐらい安い。
  • 24ヶ月点検の費用が9800円~4万円位と差がある。
  • 基準にみたない部品があれば交換し、その分費用も高くなる 。
  • あらかじめ予防的に部品を交換すれば、料金がかかる。
  • 都度点検や交換整備等の必要がある。

コバックの車検の口コミからわかることとして、「車検やったばかりなのに!」と部品を全部交換したといった話があがるように、「車検」と、安心できる「整備」は違うものと感じた人

実際に車検に出した後、再度来店し分解してみたら、劣化していたや摩耗が進んでいたなどと追加部品を言われたり、直ぐに交換しなくても車検は通るが1年持つか保証できないなどと説明があった。

そして、部品も純正部品ではなくサードパーティー製や純正相当品の安物を純正部品価格並みで請求されるといったことがあると書かれていました。

アップル車検はどうか?

全国に100店舗以上のアップル加盟店があり、無い地域もあります。

アップルグループは、フランチャイズチェーンではなく、ボランタリーチェーンと呼ばれる企業体で、 本部は存在するものの、加盟店同士の横のつながりが強く、各加盟店の独自性が反映されます。

また、先程あげた 【日本国内で自動車の整備工場 3種類】 ほとんどの工場が指定工場の資格を保持しているため、余計な時間をかけることなく車検を行うことができるとのことです。

アップル車検は、法定費用の他に「車検基本料」と「検査更新料」という費用で、車種によって金額がさまざま設定されています。

10分間で無料見積もりをし、見積もり後、後日車検を受けることになります。

車検当日は、「朝、車を持ち込み、夕方には車検が完了」しているというスタイルでやっています。

注意点

  • 6ヶ月または10,000km
  • 整備した部分に限っての保証。
  • 特に整備なしでどこか故障してしまった場合は、保証対象とはならない。

結構意外だったのは、口コミで悪い内容が見ている中ではあまり伺えなかった点があげられます。

見つけられないだけでしょうか?

まとめ

 私の希望とするのは、やはり「安い」「ちゃんとやってもらえる」「安心感がある」その点を考えて、業者を選び、ちゃんと点検と整備をしてくれるところにお願いしたいと考えます。

 重要点

  • 愛車の現状を正確に教えてくれて、部品の交換が必要と言われたら「何で交換が必要なのかを理解できるように納得行くまで説明してもらえること。  
  • きちんと資格を持つ整備士が、様々な整備方法サービスを依頼者の立場で提案して行けること。

 結果として、格安の車検を利用するにあたっては様々な業者があることから、自身で選らぶ場合には、日頃から心の通った信頼関係を結んでいる業者に依頼することをオススメします